ごあいさつ

バッグ教室バッグスクールバック教室鞄教室かばん教室愛知県名古屋市中区

私はこの言葉が好きです。

若い方々が本来の仕事としても、又趣味としても、Bag造りが好きになり、生涯豊かなクリエイティブライフを送ることが出来れば、本当にうれしく思います。
日々 熱く燃え、情熱的に前進されることを願っています。かばんやBagが殊の外好きという男性、女性が増えています。どうしても日常になんらかの型で必要だか らと思います。紀元前5世紀のアッシリアの有翼神像がすでにBagを持った姿で描かれています。Bagはポケットから出発し、ポケットの離れたもので、か つて貧乏人は大きな袋に食料を、お金持ちは小さな袋に金や宝石を入れたと伝えられています。

Bag作りの原点に返り しっかりと基礎を学んで下さい。
めんどうくさいと云う発想、言葉は厳禁です
製品に手間と愛情を注げば 必ずすばらしいBagが出来上がります。

東京カルチャーセンター元講師、朝日カルチャーセンター元講師の40年にわたるキャリアであなたの夢をバックアップします。

Bagデザイナー・JKBag塾長
Joh Kazuko(大古場真香陽)

バッグ教室バッグスクールバック教室鞄教室かばん教室愛知県名古屋市中区バッグ教室バッグスクールバック教室鞄教室かばん教室愛知県名古屋市中区

紀元前9世紀のアッシリアの有翼神像が、現代のハンドバッグとそっくりのものを持っていた?

バッグはポケットから出発し、ポケットのはなれたもので、金持ちほど小さな袋しか持たなかったといわれています。
小さな袋には、お金や宝石が入っていました。
大きな袋には、身の回りのものやパンや穀物を入れました。

さて、貴女は何を入れる袋を作りますか?